Living with Natural

Living
with Natural

私がみつけた、
新丸子の良いトコロ

「ルジェンテ新丸子」の事業計画を担当している、東急リバブル社員の景山です。
そんな私が、新丸子プロジェクトを担当しているからこそ感じている街の良さや、
女性目線で見た住まいづくりについてお話しようと思います!

新丸子という街は、実は物件を担当するまで一度も足を運んだことがありませんでした。
学生時代に慣れ親しんでいた武蔵小杉の隣なんだ!と、最初はとても驚きました。
新丸子駅を降りてみると商店街にはいろんなお店があって、
人通りのある賑やかな通りながらも、
「なんだか落ち着く街だな〜。」と思ったのが第一印象でした。

  • 商店街にはいい香りが漂うパン屋さんのベルマティネ、女性に人気のビッグベイビーアイスクリームなど、おいしいお店がたくさんあります!
    ランチやディナーにピッタリなお店もいくつもあり、その中でもお気に入りの一つのコスギカレーは、女性一人でも入りやすいカフェ風の店内で、とっても居心地がいいんです。もちろんカレーもおいしくて、2~3種のあいがけカレーが頼めます!いろんな味を楽しみたい女性にぴったりですね。
    もちろん日々のお買い物も便利!仕事帰りに立ち寄れる、駅に併設した東急ストアや商店街にあるまいばすけっとがあるので、帰り道にお買い物できて便利です。

  • HanaCAFE nappa69(約600m 徒歩8分)

    ベルマティネ(約420m 徒歩6分)

  • BIG BABY ICE CREAM(約430m 徒歩6分)

    KOSUGI CURRY(約640m 徒歩8分)

  • お天気の良い日にメロンアイスを食べながら多摩川の土手を散歩した時には、「良い街だな〜」とつくづく浸ってしまいました。現地から歩いてすぐ多摩川の堤に出られ、広い空と流れる水面、河川敷のゴルフ場など時間がゆっくりと流れていきます。現地は、微高地で浸水履歴もなく安心ですね。仕事とプライベートのオンオフがしやすい環境も魅力です。

  • 立地概念イラスト

    左右にスワイプできます。

  • 新丸子駅を使ってみて思ったのが、都心に限らず、どこへ行くのにもとても便利だということです。東急東横線で自由が丘や代官山のカフェも行け、渋谷までも14分。東急目黒線は白金高輪のほか、三田線も乗り入れてるので大手町まで直通で行くことができます。直通だと乗換不要で重い荷物を持ってる時などとても助かります。仕事柄、あちこちの街へ移動する機会が多いので、主要な街へスムーズに移動できて簡単に帰宅できることは時間が節約できて得した気持ちになりますね。オンもオフも、どちらも使いこなせる路線だと思います。

  • マンション購入にあたって、やっぱり資産性は外せないですよね。いつか売るかもしれないし、賃貸に出して保有するかもしれないし、でもそんなの正直まだ分からない・・・とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。一口に資産性と言っても、様々なポイントがあり、どんなマンションが資産性が高いのか判断に迷うところです。

  • 東急リバブル社員としての視点で言えば、マンション資産性で重要視するのはリセールバリューです。リセールバリューとは、中古マンションとして売却した際に、新築での購入時に比較してどれくらいの市場価値があるかという指標です。簡単に言うと、どれくらい高く売れるかという物差しです。リセールバリューが高くなる要素は上記の4ポイントです。

  • その中でも近年の中古マンション市場で、重要視されているポイントは駅から物件までの距離です。徒歩分数が短いほど高く売却できる傾向にあります。しかも首都圏の物件で、徒歩10分以内なら新築購入時よりも約111%も高く売れています。こういう資産性も含めてマンションはしっかりと選んでいただきたいと思います。

  • ※2009年4月~2012年3月に新規分譲され、2020年4月~2021年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出※専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外【出典/株式会社東京カンテイ】

  • 武蔵小杉駅へは徒歩で行くことができ、駅前のララテラスや、その他の大型商業施設をお散歩がてら歩いていけるのがいいですね。
    まだまだ再開発が予定されていて将来的にもっと発展していく街だと思います。
    武蔵小杉の街並みは綺麗に整備されていて視界に写るのは整然と建ち並ぶ大きな建物と、広くて歩きやすそうな歩道。二子玉川と並んで東急沿線を代表する郊外都市ならではの景観に圧倒されます。

  • 東急東横線と目黒線、それにJR線がクロスする街なので、都心だけでなく、沿線で働く人々もたくさん住まわれているそうです。そういった路線が乗り入れる街だから、もちろん買物も暮らしをサポートするサービスも充実。でも、大きな街にはそれなりに不便なところもありますよね。例えば小回りが利かないとか、流入人口が多いとか、こぢんまりしたアットホームなお店が少ないとか・・・女性の立場としては、人がそれほど多くない穏やかな住宅街に暮らして、便利で大きな街がおとなりにある方が魅力的に感じます。

将来的なことは考えつつも、やっぱり一番は住み心地ですよね。さきほどまでは立地などご説明をしましたが、
もちろんマンション計画に一番力を入れ、こだわったので、ぜひご紹介させてください!

  • Atype1LDK+WIC

    専有面積/35.03㎡(約10.59坪)
    バルコニー面積/8.57

    間取りは32~35㎡の1LDKが3タイプ。
    採光が入りやすい全戸南向き。
    開放感のあるワイドスパン設計です。上層階の南向きバルコニーの先には広々とした空の下、多摩川の流れを眺めることができます。ジョギングでもゴルフでも、天候を確認してから出掛けられるのでとても便利だと思います。

眺望写真(南側10階相当)

左右にスワイプできます。

  • Aタイプリビング完成予想CG

  • キッチンはカウンター前に壁のないオープンキッチンを採用しました。キッチンスペースと、リビングスペースが一体になる空間が開放感を与えてくれるこだわりポイントです。キッチンカウンターの天板には、フィオレストーンという人造石を使っているので高級感を感じていただけるのではないでしょうか。硬度が高く、さらに天然石にはない均一な密度の高さが汚れや水分の浸透を防ぎ、お手入れを簡単にしてくれます。

  • また、女性は特に「収納は絶対妥協できない!」というかたも多くいらっしゃるかと思います。ルジェンテ新丸子では、どのお部屋にも、女性にうれしいウォークインクロゼットがついているのでたっぷり収納できます!

  • Image photo

  • Image photo

  • 共用部でのこだわりは内廊下。雨や風が入り込まないので、マンション内での移動も快適ですし、ホテルのような高級感があるのも魅力。もちろん女性にとって必須なトリプルセキュリティなどの防犯対策もしっかりしています。

おうち時間が長くなったからこそ、住まいにはこだわりたいですよね。
私自身もリモートワークが多くなり、いかに快適に集中力高く仕事ができるか、
住宅環境も含めて、オンオフのスムーズな切り替えが可能であるかが、
これからの住まいにマストな条件だと感じはじめています。
ルジェンテ新丸子なら、きっとそんな生活をたのしくさせてくれるヒントが
たくさんあると思います。ぜひご見学ください!

※掲載の立地概念イラストは周辺の立地を概念化し、イラストで表現したもので、地形・建物の大きさ・距離・周辺の緑地との関係性などは実際とは異なります。
※掲載の間取り図は、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、今後変更になる場合がございます。
※掲載の眺望写真は現地敷地内より10階相当の高さより南方向を撮影(2021年3月)したもので、実際とは異なります。また、周辺環境は将来にわたり保証されるものではございません。
※掲載のAタイプリビング完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色味等は実際と異なります。なお、内装の形状の細部、建具、照明、住宅設備、室外機、雨樋、換気口、点検口、避難ハッチ等の設備機器は一部表現を省略または簡略化しております。また、家具・調度品は販売価格に含まれておりません。
※掲載の情報は2021年3月現在のものです。
※徒歩分数は80mを1分として算出しています。現地からの距離は地図上の概測です。
※掲載の環境写真は2021年8月に撮影したものです。